インプラントの基礎知識

インプラントの長所と短所

歯を1本失った場合

【従来の治療方法】

【インプラント】

失った歯の両隣の歯を削って、1本の歯の代わりになるブリッジを使用します。

メリット

■短い治療期間となります。

デメリット

■両隣の健康な歯を削る必要があります。
■削られた歯への負担が増加し、歯の寿命が短くなる可能性があります。
■歯を失った部分の骨がやせていきます。
■支えにする歯が虫歯になりやすく、折れる可能性が高くなります。

インプラントとセラミック人工歯を使って、両隣の歯を削らずに治療ができます。

メリット

メンテナンスをきちんと行えば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。

■天然の歯に近い見栄えです。
■健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担をかけません。
■あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
■自然に噛むことができ、美味しく食べられます。
■口元を気にせず、自然に話すことができます。

デメリット

■健康保険が適用されない治療となります。
■簡単な手術が必要です。

歯を数本失った場合

【従来の治療方法】

【インプラント】

部分入れ歯は、金属などのパネルを健康な歯にかけて使用します。

メリット

■短い治療期間となります。

デメリット

■バネなどが見えて、見た目があまりよくありません。
■バネが健康な歯を傷つける恐れがあります。
■違和感を感じることがあります。
■歯を失った部分の骨がやせていきます。

インプラントは、天然歯と同じような安定性、機能性、見栄えを備えています。

メリット

メンテナンスをきちんと行えば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。

■天然の歯に近い見栄えです。
■あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
■自然に噛むことができ、美味しく食べられます。
■口元を気にせず、自然に話すことができます。
■入れ歯とは異なりしっかりと固定され、ずれによる不快感を解消します。

デメリット

■健康保険が適用されない治療となります。
■比較的簡単な手術が必要です。

歯をすべて失った場合

【従来の治療方法】

【インプラント】

個人に合わせた総入れ歯を、歯茎全体にかぶせます。また、上あごの場合は、口蓋も覆います。

メリット

■短い治療期間となります。

デメリット

■入れ歯の安定が悪いとずれやすくなります。
■硬い物を噛むと、入れ歯が歯茎を圧迫し、痛みを感じることがあります。
■味覚に影響する場合があります。
■入れ歯と歯茎の間に食べ物がはさまる場合があります。
■あご全体の骨がやせることがあり、その場合入れ歯が合なくなる可能性があります。

インプラントを用いた入れ歯はしっかり固定されており、お掃除のために自分自信で取り外すことも可能です。

メリット

メンテナンスをきちんと行えば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。

■天然の歯に近い見栄えです。
■あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
■自然に噛むことができ、美味しく食べられます。
■口元を気にせず、自然に話すことができます。
■しっかり固定されるので、ずれなどによる不快感を解消します。

デメリット

■健康保険が適用されない治療となります。
■やや複雑な手術が必要です。

説明会の参加受付・お問い合わせは 0120-461-415

いよいよ決断の時、入れ歯かインプラントか。結局2本のインプラントをすすめられました。不安をいだいたまま、ふとライジオからインプラント協会があることを知り、当院を紹介されました。先生、スタッフの方の温かみも感じられ、インプラントも1本で良いことになりました。深く骨に穴をあけてなど考えると恐怖心でいっぱいでしたが、取り越し苦労で全くといって良いくらい痛みもありませんでした。白い歯が入ってなんでもおいしく食べられることは最上の楽しみです。

インプラント成功体験談

  • 説明会参加者の声
  • 過去の説明会の様子
  • インプラントの治療例